日常生活を過ごしていても、鼻水が止まらないというのは落ち着かなく集中力を欠いてしまいます。鼻水が止まらなくなる原因は色々考えられますが、花粉症や風邪などでよくみられる症状です。鼻水が止まらないときの原因や見分け方など幅広く解説していきます。

秋の花粉症はいつまで続く?

花粉症と言えば、春に起きるものだというイメージが一般的ですが、植物の種類によっては春以外の時期にも花粉を出すものがあります。
春に次いで花粉症に悩まされる人が多いのが秋です。
秋の花粉症は8月から10月までに起こり、花粉の種類もいくつかあります。

秋の花粉症で最も多いのが、ブタクサによる症状です。
ブタクサは、河川敷や道路の脇などに生えている植物で、背が低いためにそれほど飛散する距離は長くありません。
けれども、生えている本数が多いために、スギ、ヒノキに次いで花粉症の原因となる植物です。
ブタクサの花粉は、メロンやキュウリといったウリ科の食べ物に似ているために、食物アレルギーにもなりやすいという特徴があります。
10月に飛散のピークを迎えます。

また、ヨモギも日本全国に生息している植物で、秋の花粉症の原因になります。
時期は8月から10月で、ピークは9月になります。
道路や公園に多く生息しているために、知らない間に触れる機会がある植物です。
ヨモギも食物アレルギーとの関連があり、ニンジンやセロリといった食べ物に注意が必要です。

カナムグラも秋の花粉症の原因として知られる植物です。
8月から10月まで飛散し、9月にピークを迎えます。
とても繁殖力が強い植物で、電柱などにからみついて高いところから花粉をまき散らします。
ホコリのように空気中を舞って花粉が飛び回るので、やっかいな存在と言えるでしょう。

花粉症の症状としては、目のかゆみや鼻づまり、くしゃみといった一般的な症状に加えて、のどのかゆみを感じることが多いです。
秋の花粉症の原因となる、ブタクサなどは粒子の大きさが小さいために、マスクをしていても入り込んでしまうためです。
粒子が小さいことで、肌のかゆみや咳が続き、腰痛を引き起こしてしまうこともあります。
目のかゆみが続くと、充血するなどの症状にもつながります。
目の充血は見た目の問題もあり、早く治したいと考える人が多いです。

気管支喘息の症状と治療方法

気管支喘息は、花粉症などのアレルギーが原因とされる病気です。
人間の気管支は、空気が通るようになっていますが、気管支喘息の場合は、炎症が起きていることで気道が狭くなり、空気が通りにくい状態です。
そのため、タバコやホコリ、ストレスなどのわずかな刺激により発作を起こしてしまいます。

気管支喘息の症状は、気道が狭くなることで痰などの分泌液が増えます。
そのため、呼吸が苦しくなり、息をする度にゼーゼーという音がしたり、激しく咳き込んでしまいます。
呼吸が苦しくなると、夜でも横になって寝ていることができず、座った状態でなければ息ができなくなってしまいます。
このような発作は一時的なもので、多くは薬の吸入や自然に治ることが多いです。
けれども、症状がひどいと何日も続いてしまうということがあります。

気管支喘息の原因となるものは、花粉やホコリ、ダニ、食べ物など多くあります。
粒子の大きさも様々で、日常生活において注意が必要です。
治療は吸入するタイプの薬が主に使われています。
毎日飲み続けるタイプの薬もあり、日頃から自分の症状や発作を落ち着かせることが非常に大切になります。

気管支喘息が続いていると、自分で息苦しさを感じなくなっていく傾向があります。
自宅で呼吸機能の測定ができる機械を用意すると、自覚症状だけでなく、客観的に自分の状態を知ることができるので便利です。
患者さんの状態に合わせて、使用する薬は変わります。
軽度である患者さんと重度である患者さんでは、薬の種類だけでなく、頻度も変わってきます。
自己判断せずに、医師にかかり適切な治療を受けることが大切です。
適切な治療により、発作を起こすことは少なくなっていきます。