日常生活を過ごしていても、鼻水が止まらないというのは落ち着かなく集中力を欠いてしまいます。鼻水が止まらなくなる原因は色々考えられますが、花粉症や風邪などでよくみられる症状です。鼻水が止まらないときの原因や見分け方など幅広く解説していきます。

  • ホーム
  • 花粉症の対策は体質改善が効果的

花粉症の対策は体質改善が効果的

花粉症で悩んでおり、改善する方法を知りたいという人もいるでしょう。
体質を改善するためには普段の食生活を見直してみるのがおすすめです。
日本では4人に1人が花粉症に悩んでいると言われています。
昔はもっと少なかったとされていますが、近年では食生活の変化や大気汚染などの原因により、多くの人が症状を発症するようになったと言われています。

また、同じ場所や環境で育っても発症する人としない人がいますが、それは体質による違いと考えられています。
免疫細胞の働き方は人によって異なっていますし、免疫細胞がしっかり働く人は発症しにくいということです。
花粉症は食事に気を付けることで対策できると言われています。

特に効果的なのは体を温める食事であり、それによって鼻水やくしゃみなどの症状を軽減することができるでしょう。
体を温める食材といってもいろいろありますが、生姜や唐辛子、ネギ、ニラ、根菜などが良く知られています。
また、りんごやみかんなど冬が旬の果実を食べるのも良いでしょう。

花粉症を治すためには免疫力を高めることが大切です。
それによって過剰な免疫反応を抑えることができるでしょう。
花粉症に効く主な成分はポリフェノールやDHA、乳酸菌などとなっています。
特にポリフェノールは強い抗酸化作用を持っている成分として知られており、活性酸素を除去する効果があるのでおすすめです。
お茶はポリフェノールのカテキンを多く含んでおり、毎日温かいお茶を飲む習慣をつけるだけでも良いとされています。

大豆には多くの分解酵素が含まれており、花粉症の改善に役立ちます。
DHAはアジやサンマなどの青魚に多く含まれており、普段から魚が好きな人はしっかり摂取できているでしょう。
魚が苦手な人はサプリメントを利用しても良いかもしれません。
また、黒酢はアミノ酸が含まれているため、目の痒みや鼻づまりで悩んでいる人におすすめです。
アミノ酸には細胞を再生させる働きがあるため、粘膜を強くする効果も期待できます。

きのこやニンニクを使った花粉症対策に良いレシピ

花粉症は免疫バランスの低下によって引き起こされることがあります。
そこで免疫バランスを整えることにより、症状の予防や改善に繋がるでしょう。
きのこには免疫を高める成分が多く含まれており、花粉症対策に最適な食べ物と言われています。

きのこには免疫機能を高めるビタミンB1やビタミンB2、ビタミンB6などが含まれています。
また、免疫機能を正常化させるビタミンDも豊富に含まれています。
ビタミンは野菜に多く含まれているというイメージがあるかもしれません。
しかし、ビタミンDは野菜類にほとんど含まれていないため、きのこからしっかり摂取しましょう。
きのこには食物繊維も豊富に含まれています。
食物繊維には腸内環境を整える効果がありますし、免疫力アップにも繋がります。

ニンニクは健康に良い食べ物というイメージを持っている人もいるでしょう。
また、花粉症に対しても効果を発揮してくれると言われています。
ニンニクの臭いの元であるアリシンが血行を促進してくれますし、腸の調子を整える効果や細胞の衰えを防止する作用があります。
血行不良や冷え性、腸内環境が乱れてしまうと花粉症を発症しやすくなると言われています。
そのため花粉症対策をしたいならニンニクをしっかり摂取すると良いでしょう。

発酵食品も花粉症対策に効果的とされています。
なぜ発酵食品が花粉症に良いのかということですが、発酵食品には免疫力を高める効果があるためです。
免疫力を高めるためには腸内を元気にする必要があります。

健康な人の腸内には乳酸菌やビフィズス菌が多いとされています。
乳酸菌やビフィズス菌はヨーグルトをイメージする人も多いでしょう。
ヨーグルトも発酵食品なので花粉症対策に有効です。
また、乳酸菌やビフィズス菌はオリゴ糖をエサにしています。
そのためオリゴ糖も同時に摂取しましょう。