日常生活を過ごしていても、鼻水が止まらないというのは落ち着かなく集中力を欠いてしまいます。鼻水が止まらなくなる原因は色々考えられますが、花粉症や風邪などでよくみられる症状です。鼻水が止まらないときの原因や見分け方など幅広く解説していきます。

  • ホーム
  • 花粉症は秋に発生することもあります

花粉症は秋に発生することもあります

正常な方であれば無害なはずの花粉、それを体に害のある異物と認識して体外に出そうとする反応、それが花粉症・アレルギー性鼻炎です。
くしゃみや鼻水・鼻づまり・目のかゆみなどがよくある症状ですが、これらはどれも花粉を鼻水や涙を通じて体外に出そうと身体が頑張っているのです。

そんな花粉症、いつも温かい春になってくると「花粉症の季節がやってきました」というセリフと共に杉やヒノキの花粉が飛び交うさまがニュースなどで報じられるのが日本の風物詩とも言える光景です。
でも実は春だけではないのです。
目には見えないものの杉やヒノキ以外のさまざまな花粉が一年を通して空気中には舞っています。
秋の花粉症・アレルギー性鼻炎なるものもあるのです。

夏から秋にかけて飛散するのはキク科のブタクサやヨモギ・カナムグラなどです。
どれも河原や公園・空き地など身近なところに生息する植物です。

春の花粉症を持っている方は秋の花粉症にもなりやすいため、ブタクサやヨモギ・カナムグラといった植物が自生しているところを把握しておき、できればこのような場所の近くは避けて歩くようにしましょう。
過ごしやすい時期はいつも自然を楽しむことができないのはつらいことでしょうが、くしゃみや鼻水・かゆみといった症状に悩まされ続ける方がつらいでしょう。

通年病とならないよう春同様、秋も適切な対処をすることが大切です。
とはいえ、春と違ってこれから寒くなっていく時期だけに、単なる風邪と間違われるケースも多いです。
通年病となってきている花粉症ですがやはり有名なのは春でしょう。
風邪との違いも知っておけば早めに適切な治療を行うことができるはずです。

春と秋の花粉症の違い、秋の花粉症を見分ける方法

春と秋、原因となる植物が違うことで症状は違ってきます。
春の代表選手である杉やヒノキは花粉粒子径が大きいのです。
そのため鼻粘膜で留まりやすく、気管までは入っていきません。
くしゃみ・鼻水がおもな症状とされています。

一方のブタクサなどは吸い込むと気管などに入ってぜんそくのような症状を引き起こします。
通年でかかっていても症状がまったく異なるため、同じ病気と認識されず、風邪と間違われやすいのです。

鼻水の状態は風邪のときよりも透明でさらりとしているはずです。
数日すれば症状が治まってくる風邪とは違い、1週間たっても鼻水やくしゃみが止まらないケースも多いです。
一日中ずっとくしゃみをし続けることだってあります。
とにかく身体は花粉という異物を外に追い出そうと頑張り続けてしまうのです。

目や鼻にかゆみが出てくるのは花粉症ならではの症状です。
日頃は風邪を引いたら熱が上がりやすいという方も風邪ではないのですからせいぜい微熱程度です。
花粉症の症状で高熱を発症するようなことはありません。
風邪と似ているようでさまざまな違いがあるので自身でもある程度は見分けられるはずです。
もちろん、適切な薬をもらうためにも、症状をきちんと特定してもらうためにも病院に行くことをおすすめします。

もしも秋の花粉症と診断されたら対策は春と同じです。
マスクをして花粉をできるだけ吸い込まないようにしたり、うがいや洗顔で付いてしまった花粉を落としましょう。
玄関先で服を叩いてから部屋に入る・布団を外に干さないようにするなどの対策もしましょう。
一度発症すると毎年その時期になると悩まされることになります。
花粉が本格的に飛び始める前から鼻炎薬などで予防しましょう。