日常生活を過ごしていても、鼻水が止まらないというのは落ち着かなく集中力を欠いてしまいます。鼻水が止まらなくなる原因は色々考えられますが、花粉症や風邪などでよくみられる症状です。鼻水が止まらないときの原因や見分け方など幅広く解説していきます。

  • ホーム
  • 花粉症対策は事前準備が大切!

花粉症対策は事前準備が大切!

多色な薬

花粉症はその季節に一度症状が現れるとそこから悪化することもあるので事前の対処を行うことが非常に重要です。
やはり花粉が付くと離れ難いのが繊維です。
衣類や布団は一度花粉が付くとなかなか取れにくく、花粉を運んでしまうことにもなります。
花粉が付いてしまうのは外出中と干す時です。
外出中に付いた花粉に関しては洗濯するとある程度取れますが、干した後に付いてしまうとそれが花粉症の症状を引き起こすことになりかねません。

そこで干すタイミングで対策をすることをおすすめします。
一般的に花粉の量は午後から徐々に少なくなっていきます。
そのため、夕方の頃から干すか、カバーをつけて干すと花粉症対策に効果的です。
前日が雨で次の日が晴れた場合や風の強い日には特に注意が必要となります。

外出時にはマスクやサングラスを装着するのが花粉症対策の定番となっています。
目・鼻・口のどこから花粉が入ってきても様々な症状が現れます。
鼻に入った花粉が原因で目が痒いということも起こり得ます。
サングラスとマスクは一般的なものでも良いですが、花粉症専用のものの方が効果がより期待できます。

外から帰ったあとはうがいをしておきます。
喉の奥に入った花粉が後に症状を引き起こす可能性があるからです。
手洗いだけでなく、洗顔もしておくと効果的です。
うがいは外から帰ってきたときだけでなく、寝る前にも有効です。
洗顔は水でも良いので念入りに行っておきましょう。

布団は花粉を溜め込みやすいものの1つです。
朝起きた時に花粉症の症状が出るのは布団に付いた花粉によるものかもしれません。

空気清浄機は室内に飛んでいる花粉を吸い込むことができるので持っている場合は活用することをおすすめします。
最近は安価な空気清浄機も登場しています。
もし花粉対策として空気清浄機を購入するのであれば、花粉への効果を入念に調べておくことをおすすめします。
花粉情報に気を配っておくとことも大切なポイントです。

花粉症は生活習慣との関わりも深い

花粉症は免疫の過剰な反応が原因で起こります。
花粉は体にとって有害なものではありませんが、免疫が有害であると勘違いして様々なところに炎症を起こします。
これが花粉症の症状です。
つまり、免疫やホルモンのバランスを整えることである程度花粉症を緩和することができます。

免疫やホルモンを調整する上で大切なのが睡眠です。
睡眠を十分に取ると免疫やホルモンには良い影響が与えられます。
さらに朝の日差しを浴びることも大きな効果を発揮します。
生活習慣を整えることで花粉症の症状を和らげることができますが、それは体内時計を整えることと大きく関係しています。

花粉症の時期になると外に出ることが減るという方が多いですが、それで運動不足になってしまうと免疫のバランスが崩れてしまい、花粉症が悪化してしまうことがあります。
必ずしも外に出る必要はありませんが、何らかの運動を行っておいた方が症状が緩和される可能性があります。
食生活も花粉症と関係性があります。
食べる内容も大切ですが、食べるタイミングもポイントになります。

寝る直前にたくさん食べるという生活習慣を繰り返していた場合は寝つきに影響を及ぼしてしまいます。
可能な限り寝る前にはあまり食べずに朝ごはんで栄養を体に取り入れることが大切です。
朝ごはんを食べることはこれから活動に向かうという状態にするという重要な役割があります。

もし時間がなくてあまり朝ごはんを食べている余裕がないという場合でも、出来るだけ何かを食べておくことをおすすめします。
朝ごはん、入浴、睡眠の3つはホルモンや免疫を整えるポイントになります。
この免疫を整えるということは花粉症対策だけでなく、風邪予防などにも共通しています。

サイト内検索
人気記事一覧