日常生活を過ごしていても、鼻水が止まらないというのは落ち着かなく集中力を欠いてしまいます。鼻水が止まらなくなる原因は色々考えられますが、花粉症や風邪などでよくみられる症状です。鼻水が止まらないときの原因や見分け方など幅広く解説していきます。

  • ホーム
  • 鼻水が止まらないなら色を見て原因を見つける

鼻水が止まらないなら色を見て原因を見つける

緑のカプセル

鼻水は空気中のウイルスや埃などが体内に侵入した際に洗い流す役割を持っています。
とはいえいつまでも止まらないとティッシュが手放せませんし、鼻の下の皮膚も擦られて赤くなり大変です。
どうすれば止まるのか、止まらない原因を探るには鼻水の色を見てみましょう。

鼻水の色は透明・黄色・緑色に分類することができます。
透明でサラサラなのは風邪の初期症状、あるいはアレルギー性鼻炎が考えられます。
風邪ウイルスを排除するため、あるいは鼻の粘膜に付着したアレルゲンを排除するために出てくるのです。
もしも熱や倦怠感を伴うなら風邪です。
1週間ほどすると楽になっていくはずです。

一方、鼻炎であれば熱はほとんどでません。
原因となるアレルゲンが無くならない限りは続きます。
花粉の季節が終わるのを待つか、お部屋を掃除してハウスダストを排除します。
何がアレルゲンかを検査してもらいそれに合わせた対処法を行いましょう。

副鼻腔炎など細菌やウイルスに感染し、身体の免疫機能が働いているときには鼻水が黄色くなります。
この色は白血球や免疫細胞の死骸なのです。
風邪の治りかけにでてくることもあります。
身体が頑張って戦ってくれているのです。
薬を服用したり、マスクや加湿器を使って保湿をしてやるなど、その手助けをしてやりましょう。

鼻水が緑色になると、更に副鼻腔炎の可能性が高まります。
風邪やインフルエンザで出てきた鼻水が副鼻腔という鼻の周辺の場所に溜まって炎症を引き起こしているのです。
蓄膿症とも呼ばれます。
血液が混じって赤茶色になることもあります。
自然治癒する場合もありますが、悪化して手術が必要となる場合もあります。

その一方で、緑色は風邪が最終段階になってほとんど治りかけているからこそ出てくることもあります。
更に白血球や免疫細胞の死骸の数が増えることで黄色から濃い黄色・緑色へと変化しているのです。

素人が自己判断するよりも、病院で診察を受けて適切な薬をもらうのがおすすめです。
なかなか鼻水が止まらないというならまずは病院に行ってみましょう。

鼻うがいを定期的に行いましょう

鼻水は鼻に侵入した異物を洗い流すために身体が行っているものです。
少しでも異物の数を少なくするためのおすすめの方法が鼻うがいです。
定期的に行うことで風邪の予防になります。
花粉症対策や鼻づまり対策、いびきの改善にも最適です。

プールなどで鼻から水が入ってくるとツーンと痛いですが、それは体液と浸透圧の違う水が入ってくるためです。
塩分濃度が0.9パーセントの塩水を使えば楽に鼻うがいすることができます。
温度も25度から30度くらいのぬるま湯にすると体液により近づきます。

温かい塩水が洗面器に用意できたら、片方の鼻の穴は指で押さえたまま洗面器に顔を近づけます。
あとは開けた状態の鼻の穴で塩水を吸い込むのです。
鼻の穴を通った塩水は鼻に付着していたウイルスや埃をいっぱいくっつけています。
そのまま飲み込んでしまわないように注意しましょう。
少しの間息を止めて鼻の中に留め、そのあと吸い込んだ側の鼻の穴から塩水を出します。

反対の鼻の穴でも行います。
詰まっていた鼻が通ってすっきりします。
やみつきになるでしょうが、やりすぎると粘膜の綿毛や粘膜面の機能が損うこともあるため1日1回を目安に行ないましょう。
ただし、鼻うがいは鼻に留まっている内容物を取るための方法というだけです。

治療とは異なり根本的な問題は解決しない以上、またある程度すると鼻は詰まってくるでしょう。
治療したいならやはり病院に行くしかないのです。

鼻うがいを行ったあと、塩水は完全に出て行ってしまっているとは言い切れません。
その状態ですぐに強く鼻をかむと耳の方に塩水が行って中耳炎になる危険性もあります。

サイト内検索
人気記事一覧